完全予約制、086-293-0553。メールの問合わせはコチラ

岡山県岡山市北区庭瀬231-2

岡山 不妊 不妊治療

妊婦様のページ

不妊治療希望の方はこちら

治療実績

無料メール相談

レディース通信

リンク

求人案内

コラム

Q&A

当院の方針

当院では、妊娠中の健診については以下のような方針で施行させて頂いております。

分娩について

当院は現在、出産を行っておりませんので、いずれ希望の病院にご紹介致します。

  • 一般不妊治療(タイミングや人工授精)での妊娠の場合、妊娠8週以降の健診は、分娩施設にて行って頂きます。
  • 体外受精での妊娠の場合、妊娠12週の時点でご紹介致します。
  • 転院先は、自由に選んで頂きます。
    但し、何らかの問題があると考えられる場合には、(多胎妊娠、切迫流産、切迫早産、前置胎盤、胎児発育異常、胎児形態異常、妊娠中毒症など)大学病院やそれに準じる施設を受診することをお奨めしております。

なお、当院は不妊治療中の患者様が多く来院されます。
患者様の心情を考慮して、妊婦様には妊娠初期での転院をお願いしております。
宜しくご了承お願い申し上げます。

妊娠中の診察について

診察内容について

基本的に妊娠7週まで ただし、ホルモン補充を長めに要する場合や流産のリスクが高い場合は11週まで診察します。

※妊娠6週頃、分娩予定日を決定し、週数早見表と妊娠届書をお渡ししますので、親子(母子)手帳を貰って下さい。
※診察時の赤ちゃんの超音波画像を録画希望の方は、VHSテープに名前を記入し受付に出して下さい。

腹帯について

妊娠5ヶ月の戌の日に、安産祈願と腹帯をする風習がありますが、腹部をきつく圧迫する腹帯は血の流れが悪くなり、赤ちゃんに悪影響を及ぼすこともあります。
腹部は冷やさないようにするためのきつくない腹巻程度にされて下さい。

◆平成30年の戌の日

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
6 11 7 12 6 11 5 10 3 9 2 8
18 23 19 24 18 23 17 22 15 21 14 20
30    31     30   29    27    26 
 

その他

妊婦健診時(特に超音波検査時)に赤ちゃんの異常が疑われた場合に
「告知を希望する」「希望しない」かの意志表明をお伺いします。

*大量出血や強い腹痛など緊急時には、
当院にお電話頂ければ、院長の携帯電話への転送アナウンスが流れます。

妊娠中の検査について

妊娠8週の頃、感染症を含めた血液検査、子宮頚がん検診を行います。

検査項目 費用
血液型(ABO型、Rh型) 親子手帳の無料券項目
梅毒 親子手帳の無料券項目
梅毒(RPR検査) 自費:1,080円
B型肺炎 親子手帳の無料券項目
C型肝炎 親子手帳の無料券項目
HIV(AIDS) 親子手帳の無料券項目
クラミジア 自費:2,160円
風疹(3日はしか) 親子手帳の無料券項目
トキソプラズマ 自費:2,100円
ATL(成人T細胞白血病) 親子手帳の無料券項目
血糖 親子手帳の無料券項目
不規則抗体 親子手帳の無料券項目
子宮頸がん検査 親子手帳の無料券項目
性器ヘルペス 感染の疑いが
あれば検査

血液型(ABO型、Rh型)

分娩は、大出血を起こすこともあり、輸血が必要なこともあります。
また、Rh(-)の妊婦さんは、血液型不適合妊娠をおこし、子宮の中の赤ちゃんが病気になることもあります。
血液型の確認は必ず必要です。

梅毒

無治療の梅毒では、妊娠中期に死産します。
妊娠初期に感染すると先天性梅毒児(胎児奇形など)となります。
未治療の梅毒には、治療(ペニシリン投与など)が必要です。

B型肝炎

感染経路は、輸血・感染者の血液との接触や分娩時の母子感染などです。
子宮内での胎児への感染は、極めて少ないとされていますが、分娩時に予防対策をしないと高確率に母子感染するとされています。
母子感染をすると赤ちゃんはキャリア(体内にウイルスを持っているが、自分自身はすぐには発症にない状態)となります。
現在では、母子感染対策(免疫グロブリン、ワクチン投与)が徹底されており、出生児への感染もほとんど予防出来るようになりました。

C型肝炎

感染経路は、輸血・感染者の血液との接触や分娩時の母子感染などです。
性交渉での感染はほとんど無いとされています。
子宮内での胎児への感染は、極めて少ないとされています。出生時に母子感染を起こす危険性は、少ない(5~15%)とされていますが、現在の所ワクチンなど有効な感染予防手段は、確立されていません。

HIV(AIDS)

感染経路は、血液・精液・膣分泌液を介するものと、分娩時の母子感染などです。
子宮内で胎児での感染も若干あるとされています。経膣分娩では、母子感染が高率に発生するので帝王切開が必要とされています。
HIV感染は以前ほど話題になりませんが、実は我が国でも徐々に増加しており96年以降に136人ものHIV陽性妊婦さんが出産しています。
充分は感染予防をすれば、母子感染をほとんど防御出来ることが分かっていますので、ぜひ検査を受けましょう。

クラミジア(クラミジアトラコマティス)

性交渉で感染、約2週間の潜伏期後子宮頸管炎(膿性帯下)尿道炎、卵管炎、腹膜炎などを生じることもありますが、無症状のことも多いとされています。不妊症の原因としても注目されています。
妊娠中に感染が持続していると、前期破水、早産の原因となることがあります。
診断は、血液中の抗体検査や子宮頸管内擦過による抗原検査で行いますが、菌がまだ生存しているのか、すでに治癒しているのか断定出来ないことがあります。
感染があっても抗生物質の2週間内服でほぼ治癒します。

風疹(3日はしか)

ウイルス感染後、2~3週間の潜伏期後発症(発熱、発疹、耳介後部リンパ節腫脹)し、数日で治癒します。
妊婦さんが感染すると先天性風疹症候群(白内障、心臓奇形、難聴)の赤ちゃんが高率に生まれます。
症状と血液中の抗体検査で診断します。

トキソプラズマ

猫の糞や豚肉などから感染することのある寄生虫の一種です。
妊婦さんが感染すると、妊娠のどの時期に感染したかにより、流産・早産・死産あるいは生まれた赤ちゃんの先天性トキソプラズマ症(脳の異常など)などを起こすとされています。
実際の発生頻度は少ないとされていますが、検査を受けることをお奨めします。内服薬で治療できます。

ATL(成人T細胞白血病)

九州方面に特に多いウイルス感染症です。
感染している人は、ATLという白血病を発症する可能性がありますが、発症確率は非常に低いとされています。
感染者が妊娠すると、子宮内で赤ちゃんに感染する可能性が少し(数%)あります。
出産した後で母乳を長期間与えると、赤ちゃんに感染する可能性が30%程度まで上昇するので母乳の与え方に工夫が必要であるとされています。

血糖

血糖値が高ければ、元々糖尿病であるかあるいは妊娠によって高血糖状態(妊娠糖尿病)になっている可能性があります。
無治療の糖尿病患者様が妊娠した場合、流産や死産や胎児の奇形が発生する可能性があります。
一方、妊娠糖尿病の場合は、胎児奇形の発生率は増加しませんが、食事に気をつけないと太りすぎた弱い赤ちゃん(巨大児)が生まれる可能性があります。

 

不規則抗体

輸血や妊娠で発生する、赤血球に対する異常な免疫です。2~3%の妊婦さんが持っているといわれています。
この抗体がある人は、輸血を受ける時に厳密な(ABO型以外の)血液の適合性を調べなければ副作用が起きることがあります。又この抗体が胎盤を通過して、新生児溶血性疾患を起こすことがあります。

 

子宮頸がん検査

性交渉により感染するヒトパピロマウイルスにより発症します。
妊娠中でも加療が必要ですので、是非検査を受けましょう。

性器ヘルペス(感染の疑いがあれば検査するもの)

〈感染経路〉
性交渉により感染します。

〈症状〉
:1)急性型(初感染)潜伏期2~7日。風邪症状、発熱、外陰部違和感(灼熱感、水疱、潰瘍、疼痛)、ソケイ部リンパ節腫大。2~3週間で治癒します。
:2)再発性:外陰部違和感(灼熱感、水疱、潰瘍、疼痛)があるが症状は軽度。5~10日で治癒しますが、しばしば再発を繰り返します。

〈胎児への影響〉
妊娠初期の初感染では流産の危険があります。子宮内感染は極めて稀であり妊娠中絶の必要はないとされています。
しかし、分娩時に赤ちゃんに感染すると高率で新生児死亡(約60%)や後遺症(生存児の約50%に精神発達遅延、眼異常などを発症)をおこすので注意が必要です。初感染より1ヶ月以上、再感染より1週間以上経過していない場合は帝王切開分娩が必要です。

Mama's Cafe

Mama' cafeは〈名越産婦人科&リプロダクションセンター〉が管理運営する会員制の掲示板です。

◆エントリーするには パスワード が必要です。

パスワードは、以下の方々のみに発行しております。

  • 当院で妊婦健診中の皆様
  • 当院で妊婦健診を受け、既に卒院された皆様
  • 当院職員
  • コメントを当院からお願いした皆様(医師、助産師、看護師など)

Mama' cafeは、以下のような皆様の声を頂戴して立ち上げました。

◆例を挙げますと、以下のお声です。

  • 助産婦さんから「妊婦教室」の時色々聞いたが、すでに出産した皆さんや先輩の妊婦さんたちのアドバイスも是非聞きたい
  • 妊娠週数が同じくらいの人たちとコミュニケーションや情報交換をしてお友達になりたい
  • 実際に分娩された先輩の方に生の情報を聞きたい
  • 出産後の子育ての悩みを、同じ境遇の方や先輩の方と語り合いたい
  • 助産婦さんの意見を聞きたい
  • 子育てが忙しくてなかなか外出できないが、とにかく話を聞いてほしい
◆守っていただきたいルール◆
  • Mama' cafeは当院に通院歴のある皆様と、関係者のみの完全会員制サイトですので、外部の方は閲覧することは無いと思いますが、特定の個人や病院医院を誹謗中傷する内容の書き込みはしないで下さい。
    問題有りと判断した場合は、管理者が書き込みを削除する場合があります。
  • 個人名や病院医院名を特定できないように書き込んで下さい。
    例えば、書き込みされる場合はハンドルネームやニックネーム、或いはA病院・Bクリニックなどの記載方法にして下さい。

妊婦教室

妊娠中の過ごし方や注意事項等、当院にて助産師さんを招いて妊婦教室を開催しております。
予約制となっておりますので、ご希望の方は受付かお電話でご予約をお願い致します。
親子(母子)手帳と筆記用具を持参して下さい。
費用は、必要ありません。

開催日
  • 月に1回
  • 日曜日の10:30~12:00の間

不定期での開催となりますので、詳しくは受付にお尋ね頂くか、院内の掲示をご覧ください。

その他、妊婦教室の内容をまとめたビデオを貸し出し致しております。
受付にてお申し出下さい。

 
Page top