初めての方はコチラ メール問い合わせの方はコチラ

岡山県岡山市北区庭瀬231-2

岡山 不妊 不妊治療

当院は岡山市で人工受精・体外受精など不妊治療を専門に行う産婦人科クリニックです。名越産婦人科&リプロダクションセンター

初めての方はコチラ

治療実績

Q&A

レディース通信

コラム


無料メール相談

求人案内

リンク

岡山県岡山市の名越産婦人科&リプロダクションセンターは、人工授精・体外受精など、不妊症・不妊治療に力を入れている産婦人科クリニックです。

不妊でお悩みの方、赤ちゃんがほしいという方、どうぞお気軽にご相談ください。

当院は分娩を扱っておりません。妊娠初期の健診をさせていただいた後、希望の病院にご紹介しておりますのでご安心ください。

当院で治療中もしくは治療をご検討されている患者様へ

先日、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する日本生殖医学会からの通知(2020518日版)」が示されました。その中に、以前の日本生殖医学会からの通知によって不妊治療の延期を選択肢として受け入れた患者様に対し、感染防御と感染拡大防止の対策を可能な限り施行したうえで、不妊治療の再開を考慮してください、と書かれています。不妊治療の再開をお考えの患者様は参考にしていただければと思います。http://www.jsrm.or.jp/announce/195.pdf

当院ではこれからも感染の動向、患者様ごとの背景やリスクなど、様々なことを相談しながら患者様がご希望される不妊治療を実施していきたいと思います。知りたいこと、心配ごとなどがあればいつでもお気軽にご相談ください。なお、患者さまおよび職員の感染リスクを軽減するため、現在行っている院内感染予防対策などに関しましては引き続き実施してまいりますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。(2020.5.20)
 

先日、政府より全国に緊急事態宣言が発令されました。当院では引き続き患者様の希望がある限りは一般不妊治療、生殖補助医療を継続していきます。通院は岡山県の外出自粛要請の適応外となりますが、患者様および職員の感染リスクを軽減するため、以下のような対応とさせていただきます。
【治療に関して】
当院ではマスク、手袋、消毒液の確保ができているまたはできると予測されていること、および不妊治療には年齢が大きくかかわることから、希望される患者様にはできるかぎり今までと同じような治療を提供したいと考えています。ただし、学会指針や特定不妊治療助成の対応(延長)などをご理解いただき、「今後の治療継続および妊娠中にCOVID-19に感染した場合のリスクに関する説明と同意書」のご記入をお願いいたします。
各種検査に関しましても患者様のご意向を最大限尊重して実施していく所存ですが、通院回数が必要最低限となるよう配慮させていただきますので、ご了承願います。
治療の中止や延期をご希望の患者様も個々に対応いたしますので、ご遠慮なくお知らせください。相談も承ります。
【院内感染予防対策として】
来院前に必ず体温測定を行い、37.5℃以上の場合は来院をお控えください。
来院時には必ず手指消毒をお願いいたします。
・受付にてリスク因子の調査にご協力ください(問診票の記入)。
・熱がなくてものどの痛みや咳などの感冒症状、味覚障害や嗅覚障害がある、または体調不良の場合、来院をお控えください。
・感染者と接触した可能性のある患者様は、症状などがなくても来院をお控えください。
・待合ではほかの患者様と離れてお待ちいただきますようお願いいたします。来院後、診察までは当院駐車場での車内待機も可能です。
院内では必ずマスクの着用をお願いいたします。
・診察時の付き添いをできる限りお控えください。(麻酔をともなう処置の方を除く)
・採精室のご利用をできる限りお控えください。(自宅採精をお願いします)

【海外渡航歴のある患者様へ】
・入国日より2週間以上経過していること
・発熱、倦怠感などの症状がなく、呼吸器症状・感冒症状がみられないこと
をご確認の上、受診の予約をお願いいたします。

【診察時間に関して】
現在、通常通りの診察をさせていただいておりますが、今後の状況によって制限もしくは短縮させていただく可能性があります。
【キッズルームに関して】
現在のところ閉鎖は致しませんが、できる限りご家庭での保育をお願いいたします。窓開放による換気を行っておりますので、防寒具などをご用意ください。また、玩具なども撤去させていただいております。ご了承ください。
【カウンセリングに関して】
当面の間、カウンセリングは通常通り行いますが、感染リスク軽減のため、換気のうえ、1回あたり30分程度とさせていただきます。
【培養室の管理方法に関して】
胚培養士が新型コロナウィルスに罹患、もしくは隔離措置が必要な場合には、胚に負担をかけない範囲で予定とは異なる発育状態で凍結となることが考えられます。そのため、患者様と胚培養士の直接的なやりとりは最低限にさせていただきます。
【初診説明会に関して】
4月24日(金)の初診説明会は現在のところ通常よりも人数を減らして開催予定です。ご予約いただいている患者様には個々にご連絡させていただいております。5月以降の初診説明会は開催を見合わせております。決まり次第、HPでご案内させていただく予定です。ご了承ください。
 
メールや電話、インターネットの活用など、検討中です。決まり次第、ご案内いたします。
院内は可能な限り換気を行い、診察台、ドアノブ、スリッパなど患者様やスタッフの手が触れるものは頻回に消毒を心がけております。職員も検温などの体調管理、マスクの着用、こまめな手指消毒を常に心がけ、旅行やイベントへの参加、外食など不要不急の外出を避けるようにしております。
患者様には多大なるご迷惑をおかけしますが、なにとぞご協力のほど、よろしくお願いいたします。(2020.4.21)


新型コロナウイルスの院内感染防止策などについて 2020年4月1日、日本生殖医学会より不妊治療に対する声明が出されました。http://www.jsrm.or.jp/announce/187.pdf

 このなかで新型コロナウイルス感染症は妊娠初期の胎児などへの影響は不明であること、妊婦において感染リスクが高いとはいえないものの感染後の重症化の可能性が示唆されていること、万が一感染した場合には妊婦に禁忌である薬剤が試行されていることなどから、国内での急速な感染拡大の危険性がなくなるまで、あるいは妊娠時に使用できる予防薬や治療薬が開発されるまでを目安として、患者様に対し不妊治療の延期を選択肢としてご考慮いただきたく存じます。学会の声明に沿って推奨されているのは下記のとおりです。
・採卵を含め、延期可能な治療については延期していただくこと
・新鮮胚移植予定の方は、全胚凍結に変更していただくこと
・凍結胚移植予定の方は、胚移植を延期していただくこと

 一方、同2020年4月1日、厚生労働省から新型コロナウイルスが妊娠に与える影響についてリーフレットが発行されました。https://www.mhlw.go.jp/content/11925000/000618883.pdf

 このなかで新型コロナウイルス感染症により胎児異常や死産、流産が起こりやすいという報告がないこと、妊娠後期に新型コロナウイルスに感染したとしても経過や重症度は妊娠していない方と変わらないこと、したがって妊娠中でも過度な心配はいらないこと、が記されています。

 当院といたしましては
・日本生殖医学会の声明はICMARTやESHREなど海外に本部がある学術団体の見解を基にしていると考えられるが、我が国、特に当県の感染リスクは現在感染爆発をしている国に比べてそれほど高くない。
・感染爆発している国では不妊治療に使用している感染防御のマスクやガウン、消毒液を新型コロナ感染症対策に回してほしいという要望がある様子だが、現在、我が国にそのような事実はない。
・海外における高齢女性の体外受精にはドナー卵子を使うことが一般的で、治療を延期することのリスク(加齢)の影響を受けにくい。
・不妊治療で妊娠した場合と自然妊娠した場合で新型コロナウイルスに対する感染のしやすさ、重症化のしやすさは変わらない。
・妊婦の方が肺炎にかかった場合重症化しやすいため、妊婦を極力減らしたいという目的であれば、妊婦の大部分を占める「不妊治療を受けずに妊娠した妊婦」を減らすことのほうが効果的と考えられる。(しかし、この点にはほとんど言及されていない)
  ということから、不妊治療による妊娠を一番にターゲットとして抑制することは若干合理性を欠いているのではないかと感じております。したがって生殖医学会の声明は尊重しつつも、不妊治療続行を希望される患者様のご要望にはできる限りお応えしていきたいと考えております。
 そのため、現在、当院は通常通り診察を行っておりますが、我が国の感染者数が著しく増加した場合や、国や自治体、学会から強い要望が出された場合は変更することもございますので、ご了承ください。これからも感染予防と情報収集に努め、患者様が安心して治療できる体制づくりに努めます。

  治療内容の変更および中止に際しては、患者様の費用負担が生じることが考えられます。胚凍結費用および処方済の薬剤などの費用については、申し訳ありませんが患者様にご負担いただくことになります。処置キャンセルに伴う費用については免除とさせていただきます。(2020.4.6)

診療カレンダー

医院概略

医院名
名越産婦人科&リプロダクションセンター
診療内容
不妊治療・産科・婦人科
内科(婦人対象)
住所
〒701-0153
岡山県岡山市北区庭瀬231-2
診療時間
9:00~12:30
16:00~19:00

▲:土曜午後 13:00~16:00
通常診察受付は、10:00~となります。

休診日:水曜・金曜午後、日曜、祝日

電話:086-293-0553


※お使いのブラウザのバージョンによっては地図の表示に不具合が出る可能性がございます。
ブラウザを最新にするかこちらの地図をご覧ください。
Page top