初めての方はコチラ メール問い合わせの方はコチラ

岡山県岡山市北区庭瀬231-2

岡山 不妊 不妊治療

治療実績

初めての方はコチラ

治療実績

Q&A

レディース通信

コラム


無料メール相談

求人案内

リンク

当院の不妊治療実績

(平成18年1月から平成30年12月)

お陰様をもちまして当院における不妊治療の成績は好調です。
以下に詳細を公表いたします。
 平成30年の成績

平成18年1月から平成30年12月の年妊娠患者様の内訳



当院では体外受精において、ただ妊娠するだけではなく、
より安全に妊娠が継続出来るように
多胎妊娠を避ける試みをおこなっています。
具体的には平成17年には分割胚2個移植、平成18年からは胚盤胞1個移植を基本としています。
(体外受精の場合、尿による妊娠反応陽性ではなく、胎のうが確認できた時点で妊娠成立としています)

【方法】 【妊娠人数】
一般治療 1,076人
人工授精 681人
体外受精 1,393人
合計 3,150人

採卵の成績(平成18年1月~平成30年12月)

採卵周期数 2,671周期  
施行した人の年齢 22~51歳 平均 37.4歳
採取できた卵子数(1回の採卵数) 26,374個 (平均 9.9個)
受精した卵子数(採卵1回あたり) 12,392個 (平均 4.9個)
ETキャンセル 704/2,671 26.4%

 

新鮮胚移植の成績(平成18年1月~平成30年12月)

胚移植数(1~2個) 566個 平均 1.1個
妊娠人数 180人  
妊娠率(移植あたり)
 

分割胚移植あたり(平均45.7歳)
胚盤胞移植あたり(平均33.3歳)
二段階胚移植あたり(平均36.9歳)

35.1%
 

11.5%
42.7%
52.9%

(180/513)
 

(15/131)
(156/365)
(9/17)

妊娠した人の年齢 24~45歳 平均 36.9歳
採卵あたりの累積妊娠率   39.8%以上



☆当院では40歳以上の方、反復不成功の方に分割胚移植をお勧めしております。
 

凍結-融解胚移植成績(平成18年1月~平成30年12月)

 
施行した人の年 22~49歳 平均 36.4歳
胚移植数 3,473個 (平均 1.1個)
妊娠率(移植あたり)
 

  分割胚移植あたり(平均41.7歳)
  胚盤胞移植あたり(平均35.7歳)
 二段階胚移植あたり(平均40.4歳)

38.6%
 

14.8%
41.3%
33.3%

1,212/3,136
 

45/305
1,163/2,819
4/12

妊娠した人の年齢 22~49歳 平均 35.2歳


☆当院では40歳以上の方、反復不成功の方に分割胚移植をお勧めしております。

体外受精-新鮮胚移植-凍結融解胚移植の年齢別成績*

 
年齢 採卵
周期数
新鮮胚で
妊娠
凍結胚で
妊娠
累積妊娠率
(採卵あたり)
移植
待ち
胚移植**
キャンセル
-24 12 1 5 50.0% 0 1
25-30 246 23 158 73.6%以上 6 15
31-35 680 75 327 59.1%以上 12 102
36-40 917 61 317 41.2%以上 32 233
41- 816 16 81 11.9%以上 7 360

*1回の採卵で2回以上の妊娠が成立した場合でも初回妊娠のみを算定
**胚移植キャンセルは移植可能胚が得られなかった周期数

人工授精(AIH)成績(平成18年1月~平成30年12月)

周期数 4,995周期
妊娠人数 664人
妊娠率 13.3%

体外受精の対費用からみた累積妊娠率(平成18年1月~平成19年12月)

どのくらいの費用でどのくらいの妊娠率が得られるのかという質問を良く受けますので集計してみました。
手技量のみを算定しています。
対象は平成18年に初めて体外受精を開始された患者様で、40歳以下の方(70名)としました。
残念ながらやはり41歳以上の患者様は、どこの病院でも同じと思いますが妊娠率があまり良くありませんので
この集計から除外させていただきました。
具体的な費用については「不妊治療の費用」のページを参照ください。

累積費用 累積妊娠率
20万円まで 1.4%
25万円まで 30.0%
30万円まで 44.2%
40万円まで 54.3%
50万円まで 58.6%
60万円まで 67.1%
70万円まで 72.9%
100万円まで 75.7%

例えば、採卵し胚盤胞まで培養→新鮮胚移植(透明帯開口あり)→余った胚盤胞を凍結保存→
新鮮胚移植では妊娠不成立→凍結胚の解凍胚移植→妊娠
という経過でしたら手技料は31万円の時点で妊娠されたという事になります。

これは手技料のみを算定していますので、実際にはこれ以外に薬剤料・検査料・管理料などが加算されます。
また、特定不妊治療助成金の対象になる方は、事実上負担減となりますが、この集計では算定していません。

このような集計を公表しているクリニックはあまりないと思いますので、他との比較は難しいと思いますが、
充分ご満足いただける成績だと確信しております。

Page top